神の使い・犬と狐
名古屋市西区にある「伊奴神社」の(左)犬と(右)境内にある稲荷の狐

神の使いの動物、種類と祭神など

神社には、狛犬をはじめ神社のよって異なる動物がみられます。そこで、ここでは神の使いとしての動物の種類を紹介します。

動物の種類と主な祭神と神社

ここでは神の使いとしての動物を中心に、関係する祭神や主な神社を整理しています。
この為、必ずしも祭神と神社が一致するとは限りません。
また、由来についてもできる限り掲載しました。

動物主な神社由来など
海蛇出雲大社一般的に神無月といわれる10月は、出雲神社にとっては神々を迎える月であり、神在月といわれます。この時は波も強くなる時期で「稲佐の浜」の浜辺には、海蛇が打ち上げられ、これを神の使いとして見ています。神在祭(かみありさい)は、旧暦の10月10日に行なわれ、稲佐の浜で御神火が焚かれ、龍蛇(海蛇)を神々の使者としてお迎えする神迎えが行われます。
伊勢神宮天照大神。岩戸開きの際に夜明けを告げる鶏が長鳴きをした神話に基づいています。
大国主命。古事記の大黒様に関する伝説です。
八幡神。九州の宇佐から岩清水八幡を勧請する際、白鳩が道案内をしたという伝説です。
北野天満宮
太宰府天満宮
スサノオノミコト。出雲降臨の際、素戔嗚尊が牛に乗ってきたという伝説があることに加えて、本地垂迹思想で本地が牛頭天王とみなされた為。
日吉神社
日枝神社
春日大社
「魔が去る→勝る」で一切の魔を拭い去る事を意味します。四方魔除けの猿、棟持ち猿とも呼ばれており、一家の四方の魔を拭い去ることによって棟が上がる(=繁栄する)事を教え、万福招来、繁昌満足を授ける神使として尊ばれています。信仰も、魔除け、厄除け、鬼門除けとして人々の心に深く溶け込んでいます。
松尾大社松尾大社には『亀の井』と呼ばれる井戸がありますが、その水を使って酒を造ると腐る事がない、という言い伝えによります。
猿田彦大神猿田彦大神は、天孫降臨(てんそんこうりん)の働きの後、伊勢の阿佐加(あざか)の海で漁をしていた際、比良夫貝(ひらぶがい)に足を挟まれて黄泉(死者)の国へと一旦は旅立ちましたが、この時、猿田彦大神は偉大な力で黄泉の国より舞い戻り、同時に現世において息を吹き返したという伝説があります。 ここから、「黄泉の国より帰る」転じて「甦る(よみがえる)」となり、ここから「黄泉カエル」、「蛙(カエル)」となぞらえられたといわれます。
大神神社弁財天
住吉大社
ムカデ毘沙門天
鹿春日大社
厳島神社
鹿島神社
春日明神。福禄寿。
寿老人
普賢菩薩
三嶋大社虚空蔵菩薩
獅子猿田彦神社文殊菩薩。猿田彦大神にまつわるものとして「獅子」があります。これは椿大神社に約1300年にわたり伝えられる「獅子神御祈祷神事(ししじんごきとうしんじ)」に由来します。この神事では、ささらを持った子供が獅子を操ります。この子供は猿田彦大神の御神威を戴く役とされており、猿田彦大神の形相を象った神面をつけて、猿田彦大神を演じます。
百獣の王である獅子は、非常に強い力を持っており、一度暴れ出すと手を付けられなくなるので、猿田彦大神は獅子が道を誤らないよう、常に傍らで獅子を先導し、次々と祓いを納めていきます。これにより獅子は、猿田彦大神の使いとされています。
熊野三社 ※
諏訪大社
日吉大社
熊野権現
武蔵御嶽神社
三峰神社
奥多摩・秩父地方の神社に多い。
伏見稲荷大社稲荷神社の御祭神は宇迦之御魂神・倉稲魂神(ウカノミタマノカミ)です。「宇迦」とは食(うけ)を意味しており、食糧をつかさどり、稲の成育を守る神様です。宇迦之御魂神の別名である御饌津神(みけつかみ)の文字に、狐(ケツネ:キツネの古語)を使い三狐神(みけつかみ)と記したことによるという説もあります。
二荒山神社
日吉神社
伊奴神社名古屋市西区にある神社。神社の近くの庄内川は、昔よく氾濫し困った村人が山伏に相談したところ、犬の絵が描かれた御幣を立てたところ、洪水が治まったと言うことから犬の像を建立することになったと言い伝えられています。

※ 神の使いとしての動物は、その神様を助ける存在で、けして動物が神ではありません。
※ 熊野三社: 熊野にある熊野速玉神社・熊野本宮神社・熊野那智神社の3つの神社のことです。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 神社お参りインフォメーション. All Rights Reserved.