神社のイメージ

神社の名称・五種類

神社というと、明治神宮などという神宮を初めとして、5種類の名で呼ばれています。

神宮

本来は伊勢神宮のみの社号として使われました。現在は、伊勢神宮・熱田神宮・橿原神宮・明治神宮などが見られますが、皇室ゆかりの神社が多いといわれます。

大社

元々、国譲りを行なった大国主命を祀る出雲大社に使われましたが、現在は出雲大社・諏訪大社・春日大社・日吉大社などにも使われています。地域における格式が高い神社を意味したようです。

天皇や皇族を祀っている神社に使われています。

神社

最も多く使われていますが、地域の信仰を集めるお社です。

神社を略したものを、何とか社として用います。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 神社お参りインフォメーション. All Rights Reserved.