神社の一景名古屋市中区丸の内2丁目・ 那古野神社

神社の用語、人・役職・用具など

神社には、私たちの日常に接しない言葉がみられます。そこで、ここでは神社独特の用語について「」「役職」「用具等」「施設」「行為」で分類したうえで、おのおの紹介いたします。

神社の人に関する用語

神社に関わる官職以外の人たちに関する用語を記しました。(あいうえお順)

用語意味
氏子
(うじこ)
本来は氏神を祭っていた氏族の子孫の意味でしたが、地域に氏族以外の者が住むようになって氏族制度が崩壊すると、氏神を祭る地域に住む人が参拝するようになり、その人たちを呼ぶようになりました。
斉主
(さいしゅ)
お祭りを斉行している主たる(祝詞を奏上する)神職をいいます。それ以外の神職は斉員(さいいん)と呼びます。
社家
(しゃけ)
神職を務める家柄をいいます。


神社の役職に関する用語

今日の神社における役職を役職順に解説しました。なお、巫女は神社における役職にはありませんが、神社には欠かせない存在として掲載しています。

用語意味
祭主
(さいしゅ)
天皇の意思を祭神に伝えることを主たる役目としています。伊勢神宮において、祈年祭・月次祭・神嘗祭で奉幣使として参向して祝詞を奏上します。伊勢神宮以外で使う場合は、意味が明確に異なります。
戦後は皇族出身の女性が就任しており、現在の祭主は池田厚子さんです。
宮司
(ぐうじ)
一般の神社では、神社を代表する職のことです。神社の造営からお祭り、祈祷まで広くに従事しています。一般的には神主とほぼ同様の意味ですが、神主という役職はなく、権宮司・祢宜などをおく神社では最高の地位となります。
伊勢神宮では、大宮司・小宮司の職があります。
教統
(きょうとう)
出雲大社で、宮司と権宮司の間に置かれる役職。
権宮司
(ごんぐうじ)
「権」(ごん)とは、一般的に使用される「仮」という言葉の意味に近いと思います。一般の神社では、宮司の次位は禰宜ですが、熱田神宮・住吉大社など一部の別表神社では宮司と禰宜の間に権宮司が置かれています。
祢宜
(ねぎ)
一般の神社で神主の役職で、宮司の次の位です。
権祢宜
(ごんねぎ)
神社での一番の責任者が宮司、その次が禰宜(ねぎ)、そして権禰宜という順です。職務としては、通常朝は掃除や境内の落ち葉はき、お参りなどが主な仕事です。社務所内で書類を制作するなどのデスクワークもあります。
巫女
(みこ)
舞姫(まいひめ)・御神子(みかんこ)とも呼ばれることもあります。現在、一般的に巫女は神社に勤務して、神職の補助や神事における神楽・舞を奉仕する女性のことをいいます。巫女を名乗るのに免許や資格はありませんが、神社本庁傘下の神社に「神職」として奉仕する場合には、男女ともに本庁の発行する神職資格が求められます。 (参考)巫女の一日入門もあります。
なお巫女は、男女雇用機会均等法の適用外の職種です。


神社の用具等に関する用語

神社において様々に用いる道具、用具などについて説明しています。(あいうえお順)

用語意味
大麻
(おおぬさ)
お祓いの道具。大ぶりの榊の枝に紙垂や布と麻をくくりつけたものや、棒にたくさんの紙垂と麻ひもをつけたもの。通常、これを左、右、左と三回振ってお祓いをする。
なお、伊勢の神宮のお神札を神宮大麻(じんぐうたいま)といいます。大麻とは、古くは「おおぬさ」と読み、祈りがこめられるお神札の大切な部分(麻串・ぬさくし)に由来する歴史のある言葉です。
神楽
(かぐら)
神様を楽しませるものの意が転じて、神様にお聞かせする音楽・踊りなどを指すようになりました。通常は伝統的な雅楽や大和舞(やまとまい)などを奉納されますが、解釈上は内容に問題がないかぎり、演歌や流行歌・ジャズ・ロックでもよく、現実に奉納されたりしています。
土器
(かわらけ)
一般的には素焼きの焼き物の総称ですが、神社では主として神酒を注いで飲むための小さな皿を指す。今日もなお伊勢神宮では、神様のお食事は土器に盛りつけています。参拝の際に御神酒を土器で頂きますが、酒が染み込むために扱いは面倒だともいわれます。
胡将
(こしょう)
拝殿で用いる折り畳み式の簡易椅子を指す。将椅(しょうぎ)ともいいます。
御神体
(ごしんたい)
神様の依代(よりしろ)、言い換えると「目印」のようなもので、それそのものが神様を指すではありません。いってみれば物理的実体が無い神様に居場所をつくる行為となります。極言ですが、御神体は何でもよいといえます。

(こも)
藁(わら)で荒く編んだ筵(むしろ)のこと。地面や床とお供え物などを隔てるためのもので、通常は案の下に敷きます。
依り代・依代
(よりしろ)
神が降臨する際に、よりどころとする目標物のこと。白い布であったり、山車であったり、人であったりします。太陽神にとっては太陽やそれを象徴する鏡などが依代にあたることもあります。

(さかき)
聖域との「境(さかい)に植える木」で「さかき」と呼ぶとか、常緑のため「栄える木」が縮まって「さかき」と言うとかの説あり。個人的に後者の方が説得力を感じる。一般に宅地内には植えるものではないと言われているようだが、一本だけ隅の方に植えたりするくらいは「障り無し」。
三方
(さんぼう)
発音は「サンボウ」であり「サンポウ」ではありません。神様に神饌をお供えする時などに使用する食器の一種。3方向に象眼のある台の上に隅切りの折敷(すみきりのおしき)を乗せたもの。台と折敷は本来別々となっていますが、扱い易いようにくっつけてあることもあります。食器であるため、食べ物以外はのせません。
お寺では、仏教の三宝(サンポウ)にあてたようで、「三宝」と書くことが多いようです。
紙垂
(しで)
御幣(ごへい)ともいい、注連縄(しめなわ)や玉串、竹などにつける和紙でできた飾りのようなもので、着物や人などを象ったといわれます。

(しゃく)
神主が旧一万円札の聖徳太子が右手に持っていたもの。檜や一位、桐、象牙などで作られた板のこと。
神饌
(しんせん)
神様へのお供え物。本来はそのまま食べていただける食物や飲み物(お酒など)を指すが、「その食べ物をこれで買ってください」という意味でお金を神饌としてお供えすることも多い(神饌料)。
大角
(だいかく)
主に幣帛料(玉串料)を乗せるために用いる用具。「方八寸」あるいは単に「八寸(はっすん)」ともいう。大角より小さい方五寸のものを「中角(ちゅうかく)」、方三寸を「小角(こかく)」と呼ぶ。ちなみに、「三方」は食器に使用する。
玉串
(たまぐし)
元来はお盆に乗せた錦を象ったものでしたが、形式的なものに変化して榊の枝に紙垂(しで)を結びつけたものを玉串と呼び、これに変わるものとなりました。その由来は、玉は「魂」、串は「物を繋ぐ」という意味で、神様の御霊と参拝者の魂を繋ぐものということを示しています。
幣帛
(へいはく)
元々は神様にお供えした着物。通常は大きな両垂れの紙垂のことを指すことが多いようである。玉串に付いた紙垂も幣帛の一種で、神前に供える金銭に「玉串料」あるいは「幣帛料」と書くのはこのためである。

(ひざつき)
神職や参拝者が座るための正方形の茣蓙で、平行に二辺に縁取りがある。
人形
(ひとがた)
和紙を10〜15cmくらいの人の形に似せて細工切りしたものが主に使用され、形代(かたしろ)・雛形(ひながた)・撫形(なでもの)などともいいます。大祓(おおはらえ)などで人を祓う際に、参拝者各自に渡し、身体をそれで拭ったのちに息を吹きかけ、川に流したりします。
基本的には、生きた人間の代わりに罪穢(つみけがれ)を背負わせて災いを払うことを祈ります。地鎮祭などでも鎮物(しずめもの)のひとつとしても使用されます。
御酒
(みき)
神前にお供えしたお酒のことで、一般的には日本酒が供えられるますが、五穀豊穣を祈ることから特に定めはなく、麦酒・焼酎・ワインなどでも何ら問題ありません。
基本は、神様に捧げる意味から、自分が飲んで美味しいと思うお酒をお供えする心が重要です。


神社の施設に関する用語

ここでは神社独特の施設に関する用語を説明しています。(あいうえお順)

用語意味
式内社
(しきないしゃ)
西暦924年に発布された延喜式にその名が記述されている神社。全部で2861社ある。これに名があるということは、その当時すでに国家によってその存在を認められていたことを意味する。
神殿
(しんでん)
御祭神が祀られているお社。一般的にはひとつの建物として独立している。
玉垣
(たまがき)
一般的な神社においては、神社境内と外界との間に設けられた石などによる垣。主に鳥居の両脇から伸びていおり、御影石が使われることが多い。玉垣はつくるときに奉納者を募り、名前を彫ることが多い。伊勢神宮など一部の神社では檜でつくられており、参拝者は神職に伴われてしか内側に入ることができない。
手水舎
(てみずや)
「ちょうずや」とも読む。境内にある手水を取るための場所で、屋根のあるもの、屋根のないものは「手水場」となる。必ず四方に注連縄が張られており、神聖な場所であることを示している。手水舎(場)の前では、拝殿に入るときと同様、必ず一礼をしてから手水を取る。
灯籠
(とうろう)
境内などで灯をともすためにつくられる石柱に手を加えたもの。石灯籠・吊り灯籠・外陣灯籠などの種類があり、氏子崇敬者の寄進で設けられることが多い。神様に「明かり」をお供えするためのものを特に御神灯と呼ぶ。
拝殿
(はいでん)
参拝者が、神殿に向かって拝礼する屋根付きの場所。
幣殿
(へいでん)
神饌などをお供えしてある場所。斉主が神前で拝礼するときはここで行ないます。通常、一般参拝者は入れません。
瑞垣
(みずがき)
神社境内の中にある御神殿の周囲に設けられた垣。聖域中の聖域を取り囲んでおり、通常、この垣より中に入ることができるのは神職だけです。


神社での行為に関する用語

神社における式典や儀式の際などに行なう行為を、ここに説明します。(あいうえお順)

用語意味
修祓
(しゅばつ)
祭事に先立って、祝詞を奏上して祓戸大神(はらえどのおおかみ)に供え物や身体を祓い清めていただく式。
撤饌
(てっせん)
神饌をご神前から下げる行為や下げたもの(俗に「神様のおさがり」)をいう。
拝礼
(はいれい)
心を込めて深くお辞儀すること。上半身が床と水平になるよう深く頭を下げる。立って拝礼する場合には、腰が約90度になる位まで頭を下げる。
禊ぎ
(みそぎ)
穢れを祓うための方法。邪念を払い、身と心の不浄を祓い去るために、主に水で全身を清めたりすることをいいます。

(ゆう)
30度及び45度にお辞儀すること。30度を「小揖(しょうゆう)」、45度に深くお辞儀することを「深揖(しんゆう)」と呼ぶ。
ちなみに神職は、15度・30度・45度・60度・90度のお辞儀をそれぞれに使い分けている。


サイトMENU

Copyright (C) 2007 神社お参りインフォメーション. All Rights Reserved.